おりあみ/ORIAMI 日本の伝統文化“おりがみ”を金網で! 世界初!金網折り紙「おりあみ/ORIAMI®」が誕生

 石川金網株式会社(本社:東京都荒川区、代表取締役:石川幸男)は、2015年12月7日より、世界で初めて金網で 折る折り紙、金網折り紙「おりあみ/ORIAMI®」を発売します。
「おりあみ/ORIAMI®」は、布のようにしなやかで紙のように張りがある金網を使い、紙で作る折り紙と 同様に折ることが出来ます。金属の持つ剛性と極細線の特徴により紙を使用したときと比べ、しっかりと 形状を保ちます。金属でできた折り紙作品は、半永久的に鑑賞できます。

 私たちは、1922年の創業から90年以上、金網の製造・販売を行ってまいりました。長年培った金網※に関する知識により、時代に合わせた製品づくりを推進してまいりました。 本製品「おりあみ/ORIAMI®」は、従来は工業用途としてフィルターなどに用いられていた金網を使用した文具やホビー用品の開発中に誕生しました。熟練職人の遊び心から誕生した商品です。
一昨年前、この職人が金網で作った「折り鶴」が見事な出来栄えで、作品を観た多くの方々が作りたがりました。しかし、金網は金属でできているため剛性と鋭利性を持っており、そのまま使用すると怪我をする恐れがあり、プロの職人でなければ折り紙としては折りづらいことがわかりました。
そこで、試行錯誤の上、昨年の東京都荒川区で開催された荒川産業展で、比較的折り易そうな金網で折った折り紙作品を展示し、モニター販売をしたところ大変好評でした。子ども達からも壊れないからよいと言われました。
さらに、個人の方にも安心して金網折り紙を楽しめるように折り紙アーティスト宮本眞理子氏の指導を受け、日本折紙協会が監修し、今回発売に至りました。

※金網は、線と線で織り上げた織物です。線の細いものは、髪の毛よりも細い20ミクロンのものもあります。織り方も、平織・綾織・畳織など繊維と同じく多様な織り方があります。材質もステンレス・銅・真鍮・アルミニウム・チタニウムなど多様な材質があります。
 金網で作るおりがみは金網の重厚感や保存性を高く評価されました。日本の伝統を生かした製品として、日本のみならず世界へも販売予定です。

購入方法についてのお問い合わせ TEL 03-3807-9761

・金網折り紙「おりあみ/ORIAMI®」は、日本折紙協会監修商品です。
・荒川区MACCプロジェクト、モノづくり新商品「MACC商品」として認定されています。
・折り紙アーティスト「ORIART」宮本眞理子氏による技術指導を受けています。


おりあみ Bronze(丹銅) 15cm×15cm

3枚入り
1,000円(税別)

10枚入り
3,000円(税別)

5枚入り
1,600円(税別)


おりあみ Bronze(丹銅) 18cm×18cm

3枚入り
1,200円(税別)

10枚入り
3,600円(税別)

5枚入り
1,900円(税別)


おりあみMix 3色(丹銅/ステンレス/純銅)15cm×15cm

3枚入り
1,500円(税別)


作品紹介:干支シリーズ

宮本眞理子先生ご紹介

宮本眞理子先生

宮本眞理子 Mariko Miyamoto
日本折紙協会認定講師・日本折紙学会折紙指導員

「和」の文化を好み、「折り紙」の伝承活動に務めております。
折紙作品には、心をほっとさせる魅力があります。古典伝承折紙から現代創作折紙まで、色々な素材を用いながら自由な作風の制作を楽しんでおります。
実用的な作品や装飾性のある作品など様々な作品づくりに挑戦しております。




プロフィール

日本折紙協会認定講師 日本折紙学会認定指導員
インテリアコーディネーター

福岡県北九州市出身。
九州経理専門学校卒業。
長崎県島原市在住。

(主な活動)

全国各地での折紙展・折紙教室・折紙交流会などイベントの開催。
複数の折紙クラブの立ち上げ (日本折紙協会鹿児島支部<1996> など)。
国内外の折紙シンポジウム、コンベンションでの講師。
各種教育・福祉機関での折紙講師、研修会講師。
「点訳おりがみの本」の作製(大阪市立盲学校にて<1999>)。
和紙を使った折紙教室用教材の作製(すがも和紙にて<2005~>)。
壱岐にて八朔雛の研究<2007>
和紙の花ORIART 商標広報5647942<2014>

連載:宮本眞理子の童謡折紙教室(童謡伝道マガジン『ふんふん』<2011~>)。

出版:「花の立体折り紙」ブティック社<2012>

受賞歴:長野康平賞・日本折紙協会賞・おりがみカーニバルミニチュア賞他

出展歴:日本ホビーショー、世界らん展、デザインフェスタ出展、
    東京都美術館ZEN展・Hyper Japan Christmas Market(イギリスにて開催)など


「金網折り紙」Facebookページ「金網折り紙」Twitterページ日本折紙協会石川金網 株式会社MACCプロジェクト東京アドハウスみやもとまりこの生活おりがみ