2016年2月16日(火)~19日(金)まで、東京ビックサイトにて開催された『国際ホテル・レストラン・ショー(HOTERES JAPAN)』で金網折り紙「おりあみ/ORIAMI」、異素材を組み合わせた新しい金網「KANAORI」を始めとした石川金網の取り組みを弊社代表石川が講演

お知らせ

2016年2月16日(火)~19日(金)まで、東京ビックサイトにて開催された『国際ホテル・レストラン・ショー(HOTERES JAPAN)』で金網折り紙「おりあみ/ORIAMI」、異素材を組み合わせた新しい金網「KANAORI」を始めとした石川金網の取り組みを弊社代表石川が講演しました。

今回の講演は、金網折り紙「おりあみ/ORIAMI」と異素材を組み合わせた新しい金網「KANAORI」が発売されるまでのストーリー、そして石川金網のこれまでの開発について説明いたしました。
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございます。
次回、荒川区産業展では金網折り紙「おりあみ/ORIAMI」のワークショップを開催いたします。
今までにない折り紙の感触をじかに触れて頂ければ幸です。
ご気軽に参加ください。

『国際ホテル・レストラン・ショー(HOTERES JAPAN)』当日の講演模様を掲載させて頂きました。

金網折り紙「おりあみ/ORIAMI」

「おりあみ/ORIAMI」は、布のようなしなやかな金網を使い、紙で作る折り紙と同様に製作可能です。金属の持つ剛性と極細線の特徴により紙を使用した時とくらべ、しっかりと形状を保ちます。小物入れ、整理箱などの文具としても使用できます。金属で出来た折り紙は、半永久的に折り紙として鑑賞できます。

異素材を組み合わせた新しい金網「KANAORI」

ABOUT PROJECT

金網の種類は、金属製、プラスチック製と様々な材質での製作が可能です。また、織物と同様に、平織、綾織などの様々な織り方ができます。その石川金網の技術を活かした、新しい素材の開発とブランディングを手がけ、まるでテキスタイルのように、スタイリッシュに素材を販売していくビジネスモデルを提案します。

ABOUT PRODUCT

私たちが目指す金網の提供の形、「KANAORI」は、鉄が持つ特性を引き出し、それを組み合わせ、まるで手縫いでひとつひとつ編み出した糸のように生まれた存在の素材です。石川金網がこれまで培ってきた技術のブランド化は、まさに布や糸のような風合いを表現し、私たちが今まで金網に感じていた「冷たさ」「即物感」を払拭いたします。

公式HP
http://www.jma.or.jp/hcj/jp/index.html
➢会期 2016年2月16日(火)~19日(金)まで(4日間)
➢会場 東京ビッグサイト 東展示棟
➢開催時間 10:00~17:00(最終日は16:30まで)
➢ブースの場所 :公益社団法人国際観光施設協会 「日本のこころ」ブース 「匠のこころ」

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA